T-Splines3.4シングルライセンス
  インストール、アクティベーションの手順 


まず、初めに添付の「T-Splines for Rhino Proof of purchase」をご覧ください。
(CD内にもT-Splines3.0PDF として保存されています。)
こちらにアクティベーションキー、またインストール手順が記載されております。
こちらも御参照頂きながら下記手順にてインストールを実行して下さい。

※現在のバージョンはT-splines3.4です。
    既に評価版などで以前のバージョンのT-splinesをご利用の場合は一度アンイン
  ストールしてから、インストールしてください。
※T-SplinesインストールにはRhinoceros4.0SR8以降が必要です。

   下記のURLからダウンロード可能です。
         http://download.rhino3d.com/rhino/4.0/sr/
※マシンをインターネット環境に接続し、行ってください。

1. 付属CD 内の『TSplinesForRhino3_4_****_32msi』を起動し、指示に従ってインストー ルして下さい。
2. Rhinoceros ver4.0 又は5.0を起動して下さい。
3. コマンドラインに「tsActivateLicense」と入力して下さい。
4. 表示されたダイアログに、アクティベーションキーを入力し、アクティ ベートキーを押
  して下さい。

日本語ツールバーは既にインストールされております。
ツールバーが表示されない場合は、コマンドにtslocaleと入力してEnterキーを押してください。
コマンドオプションで「翻訳されたツールバー」をクリックして下さい。
表示されたツールバーをクリックするとメインアイコンが表示されます。

T-Splines3.4ローティングライセンス
  インストール、アクティベーションの手順 


まず最初にT-Splinesを使用するクライアントマシンでT-Splinesをインストールして下さい。  
  (まだアクティベーションは行いません。)
次にサーバーマシンでCD内のT-Splines License Server Setup.exeを起動し、インスト
ールを完了して下さい。

T-Splines License Server

このドキュメントはあなたのシステムにインストールされたT-スプラインLicense Server とユーティリティについて簡単に概要説明をいたします。

T-スプラインのLicense Server はあなたのシステムの上にインストールされると、スタートメニューにT-スプラインLicense Serverとしてグループに分類されたメニューが自動的に作られます。 このグループはあなたのライセンスサーバーを管理するのに役に立つプログラムとユーティリティとなります。

Obtaining Your Host ID(あなたのホストID を取得します。)

 ライセンスをあなたに提供する前に、T-Splines 社にあなたの使用するマシーンの
Host ID を連絡しなくてはなりません。このHost IDを取得するために、T-スプラインLicense ServerスタートメニューグループからAdministrative Interface(上図)を選択して下さい、そして、次に、下記画像の左のコラムにあるSystem Info ボタンをクリックして下さい。

ライセンスサーバー上(イーサーネット上)で使用されるあなたのマシーンのHost IDとして登録されます。同時にT-Splines 社にも送信されます。
Installing Your License on the Server(サーバーのインストール)

1.前項で取得したホストIDをdipross(support@d-stage.jp)までお知らせください。
  その後、diprossからご登録頂いているアドレスに.licと拡張子の付いたファイルが送ら
  れてきます。

  lic 拡張子の付いたファイルは、C ドライブの中のProgram File> T-Splines     License Serverの中に格納しておいてください。また、解り辛いようでしたらデスク
  トップに“T-Splines License Server”フォルダを作成し、その中に格納していただいても
  結構です。

  T-スプラインLicense Server スタートメニューグループからLicense File
   Installerを選択して、ライセンスファイルをインストールしてください。
 License File Installerはあなたの新しいライセンスファイルを構成して、インストール
 するのに必要なステップを行います。

   “Browse“ボタンを押して格納した.l ic 拡張子のファイルを指定します。

2.次のウインドウではTCP/IP Port #1空欄の部分を5053,
   TCP/IP Port #2の空欄の部分を49152〜65535の間で番号を入力してください。
   Options Fileの空欄の部分は何か入力されていれば、空欄にして、"次へ"を押して下さ  い。その他は自動入力されているままで問題ありません。

3.次のウインドウは、そのまま"次へ"を押してください。
4.表示された、ライセンスキーは忘れないように保管(または、メモ書き)をして下さい。
   また、次のステップでライセンスキーを入力しますので、ライセンスキーを選択し、コピー    (ctrl+C)します。
Installing Client Licenses(クライアントライセンスのインストール)クライアントライセンスの登録は、Rhino を起動しコマンドラインにtsActivateLicense と入力をしてエンターキーを押して実行してください。

Internet Activation ウィンドウが開いてきます。まだここでアクティベートボタンは使用しません 。代わりに、 ヘルプボタンをクリックしてください。
ヘルプボタンをクリックすると別のウインドウ表示されます。前のステップでコピーし たライセンスキーをペーストします。または、書き写したライセンスキーを入力します。ライセンスをインストールボタンをクリックすると、このクライアント(T-Splines)を動かす事が出来ます。








自主学習用動画コンテンツ

Rhinoceros、Flamingo
SolidWorks