画像をクリックして下さい。動画が始まります。

閲覧するにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。
■難しい曲面を簡単に作成!!  ■リバースも簡単
1.バンパーフェース 2.T-SplinesとRhinoResurfとの組合
せも魅力!!
この造形が15分で作成できます。
簡単にメッシュからリバース出来ます。
RhinoResurfの詳細は専用サイト→コチラから

1.基本〜応用操作編
1.ラインからの押し出し 2.フィレット

(3分52秒)

(1分59秒)
Altキーを押しながら押し出しを行います。 曲率連続のフィレットを掛けましょう。
3.ロフトで作った面のマージとボカシ 4.ブリッジコマンド

(5分55秒)

(6分29秒)
RhinoのロフトサーフェスをTSサーフェスに置
き換え、面のマージを行いボカシを入れる。
ブリッジコマンドを使って曲率連続で面を繋ぎます。
5.蛇腹形状 6.マニピュレータ(ピボット)位置の設定

(9分54秒)

(3分41秒)
ブリッジで繋いだ後スケール機能で蛇腹を作ります。
ピボット位置変える方法
7.押し出しと制御点の挿入(PET_1) 8.エッジの挿入と回転・スケール
                 (PET_2)

(4分37秒)

(5分)
押し出しを行い制御点の挿入後回転を掛けひねりを入れていきます。 エッジの挿入後回転やスケールを掛けていきます。
9.ペットボトル 10.製氷皿
ブリッジとシンメトリを使って造形しています。 ポリラインからワンボタンで製氷皿が完成です。
2.造形編
1.ペンダント 2.D文字

(35分2秒)

(15分41秒)
ペンダントのユリの形状を作りましょう!!
立体的な“D”の文字を作りましょう!!
3.立体に穴 4.スプーン

(6分13秒)

(2分7秒)
立方体に丸い穴が開いた形状を作りましょう!!
TSスキンを使ってモデリングします。
5.ハート 6.シンメトリ

(2分22秒)

(2分27秒)
ポリラインからハート形状を作りましょう!!
シンメトリーコマンドで簡単有機形状!!
画面コントローラーについて








自主学習用動画コンテンツ

Rhinoceros、Flamingo
SolidWorks